作業員

土嚢袋や現場シートを使って安心と安全をしっかり守りましょう

被害を最小限に抑える

工具

土嚢袋とは、布やプラスチックの素材で作られた袋の中に砂や砂利を敷き詰められたものを言います。主に、工事現場などで使われていて、軽い機材やシートなどが風に飛ばされてしまわないように抑えておく道具になります。また、突然の雨で地盤に雨水が溜まって土が柔らかくならないようにする為に、ビニールシートの上に沢山積み上げて防ぐといった方法にも使われる場合もあるようです。工事現場で使用するには、とてもしっかりとした素材で、簡単に破けないような土嚢袋を使わなければなりません。その為にも、土嚢袋を販売している、業者と念入りに話をして、丈夫な土嚢袋を手に入れましょう。
工事現場以外にも土嚢袋を必要とする事もあります。天候の崩れが多い季節には、洪水や土砂崩れも多く発生しますので、被害が拡大しないようにする為の対策として土嚢袋を使用する場合もあるのです。沢山の土嚢袋を積み上げる事によって、洪水の被害を最小減に抑えられますし、未然に洪水や土砂崩れが発生しやすそうな場所に土嚢袋を設置しておいて対策もできます。その為、土嚢袋を作成している業者は、いろんな現場で使用してもらえる様に土嚢袋作りに力を入れているのです。
また、土嚢袋には砂や砂利が入っているもの意外に、水を吸収する素材が入っているものも販売されています。これを使えば、洪水の被害に合ったとしても、水を吸収してくれる土嚢袋を敷き詰めれば、洪水の被害を最小限に抑える事ができるのでとても便利です。