優秀なクレンジングバームはW洗顔不要!肌の老化の原因はクレンジングだった!

クレンジングの後、なんだかすっきりしないという場合は、肌の汚れが十分に落ちていないように感じた場合、W洗顔をする人も多いのではないでしょうか。

本来、クレンジングはメイクを落とすためのものなので、しっかり落ちないと困りますよね。また、オイルクレンジング剤などは肌にぬるつきが残りやすくなってしまうのも悩みの種です。

ラミナーゼクレンジングバームは、クレンジング剤ですが、しっかり肌の汚れを落としてくれます。

そして、洗い上がりもさっぱりするのでW洗顔の必要がないのです。

W洗顔をすると手間がかかるという以外にも、肌への負担が大きくなるというデメリットがあります。

それが、クレンジング剤だけで済むのは嬉しいものですよね。

クレンジング剤と洗顔料をどちらも購入するのはその分コストもかかります。

ラミナーゼクレンジングバームでしたらクレンジング1つで済むのは大きな魅力ですね。

危険なクレンジング剤

いつの間にか敏感肌、アトピー肌、アレルギー体質…。

これらは、もしかしたら合成界面活性剤が含まれているクレンジング剤かもしれません。

また、洗顔料の使い過ぎが原因かもしれません。

水と油は混ざらないので界面活性剤が必要となります。

また強い汚れを落とすため、強い合成界面活性剤が必要となるのです。

落としすぎることで肌のバリアが壊れてしまって、敏感肌が生まれてしまうのです。

これは、お肌のたんぱく質までも溶けだしてしまうのです。

界面活性剤にもいろいろあるので、天然由来のものを使っているものを選ぶようにしましょう。

シャンプーやリンスなどの表示はチェックしているでしょうか。

天然由来のものは大豆レシチン、カゼイン、サポニンなどがあります。

その他合成界面活性剤にもいろいろあるのですが、特に石油系界面活性剤は要注意なのです。

ケア用品は天然成分のものだけで落ちるものを…

強いクレンジング剤が必要なものを肌につけていること自体が問題なのです。

崩れない化粧品、また強い日焼け止めなどは、天然成分のみでできたクレンジング剤では落ちないのです。

そのため、石油系の合成界面活剤が入ったものを選ばざるを得ないということですね。

夏の終わりにお肌がごわついたりカサカサしてくるのは、紫外線や日焼けが原因ではありません。

落としているものが原因ということも考えられるのです。

ミネラルオイルと聞くと、いかにもお肌によさそうです。

しかし、これは石油由来の鉱物油なのです。

石油をお肌に塗っていると思えばわかると思うのですが、クレンジングすればよく落ちるのは当たり前です。

一番最初にミネラルオイルを書いてあるクレンジング剤は、止めたほうがいいでしょう。

ちなみにベビーオイルはミネラルオイルが主成分となっています。

これが肌にいいわけはありませんね。

少しでも気をつけることで10年後、20年後が変わってくるのです。

お肌のバリアの回復のために意識してクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

W洗顔を止めれば一気に肌が蘇る

ラミナーゼクレンジングバームは、肌の潤いを保ちながらしっかりメイクや汚れを落とすことができます。

しかし、使い方を誤ると十分な働きを得られないこともあるのです。

使い方としては、乾いた手に3cmほどラミナーゼクレンジングバームをとります。

パーム状のテクスチャーなので簡単に出せるので使いやすいですね。

手の上で軽くなじませると、体温でジェル状に柔らかくとろけさせます。

すると伸びが良くなるので、そのまま顔全体に塗っていきましょう。

続いて汚れをなじませて1分後に、フェイシャルマッサージをします。

そのままパックとして使うことで、美容成分がしっかりお肌に届くのです。

最後に、たっぷりの水かぬるま湯で洗い残しがないようにすすぎます。

洗った後はタオルで優しく水気を拭き取りましょう。

注意点としては、美容成分が流れ落ちてしまうことです。

そして、W洗顔はやらないことが鉄則です。

ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使用しているときは、クレンジングだけでは落ちにくい場合があるでしょう。

そのときは、専用のポイントメイクリムーバーを使うといいでしょう。

まつげエクステをつかっている場合は取れやすくなってしまうので、目の周りを避けて塗るようにしたほうがいいですね。

こうしてW洗顔を止めることで一気に肌がよみがえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です