美肌を作る為にはクレンジングと洗顔がとても大切!

スキンケアの効果をアップする為に欠かせないクレンジング。

最近はダブル洗顔不要!これ1本でOKの商品も増えて来ましたね。

もともとは分けられていたものということで、役割りもそれぞれ違いました。

では、クレンジングと洗顔にはどんな違いがあるのでしょうか?

簡単な違いは、ほとんどの方が知っていますよね。

洗顔は顔について汚れを落とすものですが、クレンジングはメイクを落とすものです。

ほとんどのメイクアイテムは、崩れにくく落ちにくくする為に油性基材が含まれていることが多いでしょう。

油性基材が含まれているからこそ、多少の汗や皮脂ではメイクが落ちることはありません。

その反面、石鹸や洗顔料だけでは十分に洗い流すことも出来ないのです。

油分の含まれたメイクが顔に残ったままでは肌が荒れる原因となってしまうでしょう。

そこで、メイクをしっかりと洗い流す為に「クレンジング」が必要なのです。

クレンジングは、洗顔料だけでは落とし切れないメイクを落とす為に、とても大切なものなのではないでしょうか。

最近増えてきた「ダブル洗顔不要」のクレンジングは、これだけでクレンジングと洗顔料二つの効果を実感することができます。

メイク落としが面倒だな、2回も洗顔するの嫌だなと思っている人には良いアイテムでしょう。

ダブル洗顔不要の商品は洗浄力が強すぎるとも言われていますが、最近は肌に負担をかけることなく洗顔クレンジングどちらの効果も実感できる商品が増えました。

綺麗な毛穴を手に入れるためにはクレンジングもとても重要です!

まずは自分に合うクレンジングを選ぶところからはじめましょう。

 

クレンジングの種類

スキンケアの中でも最も大切といわれているクレンジング。

そんなクレンジングにはいろいろな種類がありますよね。

一番定番のクレンジングといえば、オイルクレンジングです。
品数も多く、使っている人も多いのではないでしょうか?

なぜオイルクレンジングが一番人気なのかというと、洗浄力が強いからでしょう。

クレンジングで重要なのは、メイクをしっかりと落とせることです。

オイルタイプなら、肌に密着したリキッドファンデーションも、落ちにくいウォータープルーフマスカラも、簡単に洗い流すことができます。

しかしオイルタイプは肌への負担が気になるところです。
洗浄力は強ければ強いほど、肌への負担は大きいでしょう。

そのため、乾燥肌の人や敏感肌の人は肌質が悪化してしまう可能性があります。

メイクをきちんと落ちしたい方におすすめの商品でしょう。

ジェルクレンジングは、今とても人気の高いクレンジングですよね。

ジェルはさらに2種類に分けることが出来ます。

一つ目はオイルが配合されたもの、二つ目はオイルフリーの水性クレンジングです。

オイルが配合されたジェルクレンジングは、肌に滑らせることでジェルが少しずつオイルに変化していきます。
洗浄力は強いですが、オイルほど肌には負担がかからないでしょう。

リキッドファンデーションもしっかりと落とすことが出来ます。

また、とろみのあるテクスチャーなので肌への摩擦も少なく、極力負担を軽減しながら洗い流すことが出来るでしょう。

オイルフリータイプは肌にとても優しいのですが、オイル配合タイプに比べると若干洗浄力が落ちてしまうかもしれませんね。

肌への優しさを重視したい方にはミルククレンジングがおすすめです。

あまり見かけないかもしれませんが、根強い人気を誇るミルクタイプ。

まるで乳液のようなテクスチャーで、優しくメイクを洗い流すことが出来るでしょう。

洗浄力は弱いので、肌に密着したファンデやアイメイクはなかなか落とすことが出来ないかもしれませんね。

落としやすいパウダーファンデーションやBBクリーム、フィルムタイプのマスカラユーザーには良い商品かもしれません。
肌荒れしにくく刺激も少ないのが、ミルクタイプのメリットなのです。

とにかく簡単にメイクを落としたい人に良いのが、ふき取りタイプのクレンジングでしょう。

ふき取りクレンジングはコットンタイプやクリームタイプがあります。

コットンタイプは、クレンジング剤がしみこんだコットンを使うことで、メイクを落とすことが出来ます。
洗顔いらず、さっと肌を滑らせるだけでメイクが落ちるのでとても便利でしょう。

屋外でも簡単にメイクをオフすることが出来ます。

クリームタイプは肌にクリームをなじませてくるくるとマッサージをしてから、コットンなどでふき取るタイプのクレンジングです。
こちらはコットンでふき取らず、水などで洗い流して使うことも出来ます。

どちらにせよ、しっかりとこすらなければなかなかメイクを落とすことが出来ず、また、肌への負担も大きいのであまりおすすめをすることは出来ません。

ふき取りタイプのクレンジングには、水クレンジングという種類もあります。

こちらはクレンジング効果のある水のような液体をコットンになじませることで、メイクを落とすことが出来るでしょう。
しかし水のようにさっぱりとした液体は洗浄力が足りず、肌にも良くないといわれています。

きちんとクレンジングをしないと、その後のスキンケアにも影響が出ます。
自分の肌質にあったクレンジングを選ぶようにしましょう。

美肌を作る洗顔方法

 

洗顔をするときには、泡をモコモコに立てて泡洗顔をしている人が多いでしょう。

泡をモコモコに立てたほうが毛穴の汚れがきれいに取れそうな気がしますが、実は泡の量と洗浄力はあまり関係がありません。
泡を立てればきれいに顔を洗えるというわけではないですし、逆に肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

洗顔フォームをたくさん泡立てると、モコモコとしていて気持ち良いですよね。
しかし、洗顔フォームの泡立ちは、界面活性剤という刺激の強い成分によって起こります。

界面活性剤は洗顔フォームに使われている他、食器洗剤やシャンプーにも使われています。

もちろん、肌に触れても安全な程度の界面活性剤が使われていますが、頻繁に使用しすぎると肌を守る機能が失われてしまう可能性があります。
肌を守る機能が失われると、皮膚が水分を保持できなくなり、乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

モコモコに泡立てた洗顔フォームで毛穴の奥まで洗いたい気持ちはわかりますが、乾燥肌や肌トラブルを引き起こさないためには、執拗な洗顔をしないように心掛けましょう。

また、ニキビ肌やオイリー肌の人の場合、特に洗顔をしっかりと行わなければいけないと思っているでしょう。
ニキビを治すために、常に肌を清潔に保つのは大切なことです。

ですが、洗顔のしすぎで肌を守る機能が低下して、肌が乾燥した状態になってしまっては大変です。
乾燥した角質は固く厚くなり、毛穴の入り口を塞いで炎症を起こす原因となってしまいます。

肌を守る機能が低下したことで、肌を守ろうとして皮脂が過剰分泌されてしまい、その皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こすこともあります。
ニキビを治したかったはずが、逆に肌荒れを悪化させてしまうことがあるのです。

洗顔フォームの泡をモコモコに立てて、必要以上に洗顔をしすぎることは避けたいですね。

しかし、泡立てない洗顔と言われても、どのようにしたら良いのかわからないですよね。
女優やモデルでも泡立てない洗顔を実践している人がいるので、やり方を参考にしてみましょう。

手っ取り早く泡立てない洗顔をするためには、泡立たない洗顔フォームを選ぶと良いでしょう。
美容成分も配合されていて、スキンケアをしながら洗顔をできる商品も販売されています。

肌を守りながら汚れを取り除くことができるので、今日から泡立てない洗顔を始めてみましょう。

意外と知らない泡立てない洗顔方法

洗顔フォームを泡立てすぎると、肌に刺激を与えてしまうことがあります。
肌を守る機能が失われてしまい、乾燥肌を引き起こしてしまう可能性も高いです。

丁寧な洗顔を心掛けているのになかなか肌荒れが治らない人は、泡立てない洗顔方法を試してみると良いかもしれません。

泡立てない洗顔でしっかりと毛穴の汚れが落ちるのか、不安に感じる人もいるでしょう。
ですが、泡立てない洗顔を実践している芸能人やモデルは多いです。

その方法は人それぞれ違いますが、泡立てずに使用する洗顔フォームで洗顔をしている人もいれば、洗顔フォーム自体を使わずにお湯のみで洗顔をしている人もいます。
どの洗顔方法が自分に合っているのか、さまざまな方法を試しながら見つけていけると良いですね。

泡立たない洗顔フォームを使用する際には、商品の説明に従って洗顔を行いましょう。
美容液が配合されている洗顔フォームも売られており、肌を守りながら汚れを落とすことができて便利です。

お湯洗顔をする際には、冷たすぎず熱すぎないぬるま湯で洗顔を行いましょう。
冷たすぎる水では汚れが落ちませんし、熱すぎるお湯では肌を守るための油分まで落としてしまうので注意が必要です。

あまり耳にすることがない「泡立てない洗顔」ですが、どのような人に向いているのでしょうか?

まず、洗顔フォームを泡立てずに洗顔をするということは、肌への刺激を極力少なくできるということです。
そのため、敏感肌の人に向いている洗顔方法であると言えるでしょう。

泡立てない洗顔としてお湯のみで洗顔を行う人もいて、さらに肌への刺激を少なくすることもできます。

また、これまでニキビなどの肌荒れに悩まされており、丁寧に洗顔を続けているのに、なかなか肌荒れが治まらないという人はいるでしょう。
そのような人は、モコモコに泡立てた洗顔フォームを使用することで、逆に肌に刺激を与えてしまっていた可能性があります。

泡立てない洗顔を試してみると、これまで悩んでいたのが嘘のように肌荒れが治ってしまうこともあります。
特別な洗顔用品を購入する必要もないので、まずは試しに1週間ほど続けてみると良いでしょう。

洗顔方法を変えると、肌のコンディションもこれまでと違ってきます。
コンディションが整えば良いですが、自分の肌に合わなければ肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。

肌の調子を細かくチェックしながら、自分に合った洗顔方法を見つけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です