意外にも冬は最も美白ケアに最適な季節

夏が終わるころには、普段使っているファンデーションの色がなんだか合わない・・・そんな経験はないでしょうか?

どんなに紫外線に気を付けて生活をしていたとしても、100%カットすることは難しく、カーテンを閉めて家にこもるしか方法がないかもしれません。

夏に浴びた紫外線はやがてシミやくすみになって肌の表面に出てきますが、それをなかったこと、または最小限に抑えるためには冬のケアがカギになります。

何もないように見えても、肌はかなりダメージを受けており、それが大きなシミになって出てきてしまうかもしれません。

冬は日照時間が短く、紫外線を浴びない時間が増えてきます。

そんな季節だからこそ、じっくり自分の肌に向き合い、集中的に美白ケアをしてみましょう。

また、乾燥が気になる季節なので、特に保湿を意識したケアを取り入れることで、しっとり透明感のある肌を手に入れることができるのです。

冬に何もしない人と、しっかりケアをした人ではその肌は全く違います。

将来の自分のためにも、早めに美白ケアを始めましょう!

レーザーによるシミ取りは冬が良い?

しみ

冬になると、肌には肌色の目立ちにくい絆創膏を貼った女性が増えます。

先日、電車に乗った際にも何人かそのような人を見ました。

これは、皮膚科や美容外科でシミやホクロ取った際に貼る物なので、きっとレーザー治療を受けたはずです。

レザーによってシミを焼くとその部分は火傷のような状態になり、かさぶたができてそれがやがて剥がれ落ちることで新しい皮膚ができます。

この過程で患部に紫外線や摩擦などの刺激を与えると、逆に地味が濃くなったり痕が残ると言われています。

ですから、それを避けるためににも、まだ新しい皮膚ができる前は絆創膏などで患部を守る必要があるのです。

このレザー治療は当然いつでも受けるができますが、夏はやはり紫外線が気になりますし、汗もかきます。

ですから、その心配が少ない冬こそ適した季節と言うことなのでしょう。

若いころに浴びた紫外線は年齢を重ねるごとにシミやくすみとなって表れます。

なかったことにはできないので、その前にしっかりケアをしてシミを作らないことが大切です。

レザー治療で大きなシミや濃いシミも消すことができますが、それにはやはりお金がかかりますし、取ったのがばれるのも恥ずかしいですよね?

ですから、作らない努力が何よりも大切なのです。

自分で作れる小麦パックは本当に効果がある?

美白ケアに効果が期待できる商品「フェイスパック」や「フェイスマスク」は、さまざまなメーカーから販売されています。

実際に使用したことがある人も多いと思いますが、選ぶパックによってはあまり効果を実感できなかったり、自分の肌に合わず肌荒れを起こしてしまうことがあります。
どのようなパックを選んだら良いのかがわからないなら、自分でパックを手作りしてみてはどうでしょうか?

美白効果が高い手作りパックとして注目されているのは、「小麦パック」です。
パン職人の手が美白でとても綺麗だったことから、100年前にフランスで誕生したと言われているパックです。
実際のところは、小麦に毛穴の汚れを吸引して除去する効果があったことと、肌のPHを弱酸性に整えて細菌の繁殖を抑えられることから、肌がきれいになっていくようです。
パックの作り方も、小麦粉を水に溶かして練るだけという簡単なものなので、自宅で手軽に実践できることでも注目されています。
もちろん、小麦パックも人によって「合う」「合わない」がありますし、効果を実感している人とそうでない人がいます。
ですが、自分に合うパックを探して手当たり次第に買い物をするよりは、経済的にも試してみる価値はありそうです。

おすすめの手作りパック

小麦パック以外にも、自宅で簡単に手作りできてしまう美肌パックは沢山あります。
自分の肌により合ったものを探して楽しみながら手作りできるので、趣味のひとつとして始めてみるのも良いかもしれませんね。

自宅にあるもので今すぐ作れる美肌パックのひとつに、「卵白パック」があります。
テレビ番組で紹介されたこともあり、特に毛穴対策に高い効果が期待できるようです。
作り方は、玉子1個分の卵白をメレンゲ状にするだけです。
卵白には高級化粧品にも含まれる成分が入っており、保湿効果の高いアルブミンやアミノ酸、細胞を修復する働きがあるリゾチームまで含まれています。
メレンゲ状にした卵白を、洗顔後の顔に塗るだけで、毛穴が目立たなくなるようです。
また、小麦パックの応用編として、「黒糖はちみつパック」というものもあります。
小麦粉のほかに、黒糖とはちみつを混ぜ、最後に化粧水を足していきます。
パックがペースト状になるまで少量ずつ化粧水を足していき、顔に塗れる硬さにしていきます。
黒糖にはミネラルがたっぷりと含まれており、はちみつにはビタミンB群やナイアシンが含まれているので、保湿・肌荒れ予防・しわ予防などに効果的です。

意外と知らないパックの注意点

パック

美白・美肌のためにパックをすると、これまでよりもワンランク上のスキンケアになるでしょう。
しかし、フェイスパックにも“間違った使い方”があるので、あらかじめ注意点を知っておく必要があります。
せっかく美肌のためにスキンケアを頑張るのですから、逆効果になってしまわないように気を付けましょう。

まず、パックをするタイミングを考えていきましょう。
市販のパックも、手作りパックも、肌に良い成分が含まれているものを選びますよね。
そのため、成分をたっぷりと肌に浸透させようと考え、化粧水を使用する前に直接パックしてしまう人がいます。
ですが、化粧水を使用していない乾いた肌よりも、ほんの少し潤いがある肌のほうが、成分が浸透しやすいと言われています。
また、パックの成分を余すことなく肌に吸収させたいと思うあまり、長時間パックをしてしまいがちです。
適度なパックの時間を守らなければ、パック自体が乾き、肌の潤いを逆に吸い取ってしまう恐れがあります。
市販で売られているパックのほとんどは、使用時間の目安が10~15分と記載されているので、商品の説明に従ってパックを使用しましょう。
使用後のパックがひたひたでもったいないと感じるときは、首や手にパッティングすると良いです。

本当に美肌の芸能人は誰?

テレビで観る女性芸能人の肌ってどうしてあんなにきれいなのでしょう?

まさに陶器肌と言われるつるんとしたムラのない白い肌が本当に羨ましいですね。

しかし、実際はそれほど肌がきれいではないとご存知でしょうか?

もちろん、私たち素人よりも美容には気を使っていますし、お金だってかけています。

シミやシワとりだって当たり前のようにやっているはずですが、実際に芸能人に肌を近くで見ると、驚くほど汚いと言う人も多いのです。

その原因として考えられるのが、ストレスや不規則な生活、テレビに出る時は濃いメイクをしますし、紫外線や照明からもダメージを受けます。

どんなに外から手入れをしても、それが追い付かないほど肌を酷使しているのかもしれません。

以前、美肌だと思い込んでいた女優さんを偶然街中で見かけた時、テレビでは見えないぶつぶつがたくさんあり、シワもすごかったのです。

強い照明を当てることで肌の汚さをなかったことにしていることが良く分かります。

見られるのが仕事ですから、少しでもきれいに見せたいのは当然ですが、あんなに汚い肌がきれいに見える技術が逆にすごいと感心した出来事でした。

綾瀬はるかさんは肌が綺麗は本当か?

美肌の芸能人を検索してみると、必ずと言って良いほど「綾瀬はるか」さんがヒットします。

透き通るようなきれいな肌の持ち主だそうで、色白とも言われています。

 

綾瀬はるかさんの肌がきれいだと噂されるのは、もしかしたら「SK-Ⅱ」のCMに起用されているからかもしれません。

肌がきれいだから起用されたのでしょうが、桃井かおりさんと言いあの化粧品のCMに出ることは、かなりの美肌の持ち主だと証明しているようなものです。

赤ちゃんのようなプリプリの肌で、透明感とハリがあり忙しい女優さんでありながら、どのようなケアをしているのかとても気になりますね!

SK-Ⅱは、美肌にとても効果的な化粧品ですが、少しお値段が・・・

私は特別な日にSK-Ⅱのシートマスクを使っていますが、翌日の肌が全然違うので基礎化粧品をすべて変えたら、どんなに肌がきれいになるだろうと思います。

当然、そんな優雅な生活はできないので、スペシャルケアとして取り入れることにします。

このように、芸能人だからと言って誰もが綺麗な肌を持っているわけではありません!

私たちも自信をもって芸能人に負けない美肌ケアを頑張りましょう。