美肌を作る為にはクレンジングと洗顔がとても大切!

スキンケアの効果をアップする為に欠かせないクレンジング。

最近はダブル洗顔不要!これ1本でOKの商品も増えて来ましたね。

もともとは分けられていたものということで、役割りもそれぞれ違いました。

では、クレンジングと洗顔にはどんな違いがあるのでしょうか?

簡単な違いは、ほとんどの方が知っていますよね。

洗顔は顔について汚れを落とすものですが、クレンジングはメイクを落とすものです。

ほとんどのメイクアイテムは、崩れにくく落ちにくくする為に油性基材が含まれていることが多いでしょう。

油性基材が含まれているからこそ、多少の汗や皮脂ではメイクが落ちることはありません。

その反面、石鹸や洗顔料だけでは十分に洗い流すことも出来ないのです。

油分の含まれたメイクが顔に残ったままでは肌が荒れる原因となってしまうでしょう。

そこで、メイクをしっかりと洗い流す為に「クレンジング」が必要なのです。

クレンジングは、洗顔料だけでは落とし切れないメイクを落とす為に、とても大切なものなのではないでしょうか。

最近増えてきた「ダブル洗顔不要」のクレンジングは、これだけでクレンジングと洗顔料二つの効果を実感することができます。

メイク落としが面倒だな、2回も洗顔するの嫌だなと思っている人には良いアイテムでしょう。

ダブル洗顔不要の商品は洗浄力が強すぎるとも言われていますが、最近は肌に負担をかけることなく洗顔クレンジングどちらの効果も実感できる商品が増えました。

綺麗な毛穴を手に入れるためにはクレンジングもとても重要です!

まずは自分に合うクレンジングを選ぶところからはじめましょう。

 

クレンジングの種類

スキンケアの中でも最も大切といわれているクレンジング。

そんなクレンジングにはいろいろな種類がありますよね。

一番定番のクレンジングといえば、オイルクレンジングです。
品数も多く、使っている人も多いのではないでしょうか?

なぜオイルクレンジングが一番人気なのかというと、洗浄力が強いからでしょう。

クレンジングで重要なのは、メイクをしっかりと落とせることです。

オイルタイプなら、肌に密着したリキッドファンデーションも、落ちにくいウォータープルーフマスカラも、簡単に洗い流すことができます。

しかしオイルタイプは肌への負担が気になるところです。
洗浄力は強ければ強いほど、肌への負担は大きいでしょう。

そのため、乾燥肌の人や敏感肌の人は肌質が悪化してしまう可能性があります。

メイクをきちんと落ちしたい方におすすめの商品でしょう。

ジェルクレンジングは、今とても人気の高いクレンジングですよね。

ジェルはさらに2種類に分けることが出来ます。

一つ目はオイルが配合されたもの、二つ目はオイルフリーの水性クレンジングです。

オイルが配合されたジェルクレンジングは、肌に滑らせることでジェルが少しずつオイルに変化していきます。
洗浄力は強いですが、オイルほど肌には負担がかからないでしょう。

リキッドファンデーションもしっかりと落とすことが出来ます。

また、とろみのあるテクスチャーなので肌への摩擦も少なく、極力負担を軽減しながら洗い流すことが出来るでしょう。

オイルフリータイプは肌にとても優しいのですが、オイル配合タイプに比べると若干洗浄力が落ちてしまうかもしれませんね。

肌への優しさを重視したい方にはミルククレンジングがおすすめです。

あまり見かけないかもしれませんが、根強い人気を誇るミルクタイプ。

まるで乳液のようなテクスチャーで、優しくメイクを洗い流すことが出来るでしょう。

洗浄力は弱いので、肌に密着したファンデやアイメイクはなかなか落とすことが出来ないかもしれませんね。

落としやすいパウダーファンデーションやBBクリーム、フィルムタイプのマスカラユーザーには良い商品かもしれません。
肌荒れしにくく刺激も少ないのが、ミルクタイプのメリットなのです。

とにかく簡単にメイクを落としたい人に良いのが、ふき取りタイプのクレンジングでしょう。

ふき取りクレンジングはコットンタイプやクリームタイプがあります。

コットンタイプは、クレンジング剤がしみこんだコットンを使うことで、メイクを落とすことが出来ます。
洗顔いらず、さっと肌を滑らせるだけでメイクが落ちるのでとても便利でしょう。

屋外でも簡単にメイクをオフすることが出来ます。

クリームタイプは肌にクリームをなじませてくるくるとマッサージをしてから、コットンなどでふき取るタイプのクレンジングです。
こちらはコットンでふき取らず、水などで洗い流して使うことも出来ます。

どちらにせよ、しっかりとこすらなければなかなかメイクを落とすことが出来ず、また、肌への負担も大きいのであまりおすすめをすることは出来ません。

ふき取りタイプのクレンジングには、水クレンジングという種類もあります。

こちらはクレンジング効果のある水のような液体をコットンになじませることで、メイクを落とすことが出来るでしょう。
しかし水のようにさっぱりとした液体は洗浄力が足りず、肌にも良くないといわれています。

きちんとクレンジングをしないと、その後のスキンケアにも影響が出ます。
自分の肌質にあったクレンジングを選ぶようにしましょう。

美肌を作る洗顔方法

 

洗顔をするときには、泡をモコモコに立てて泡洗顔をしている人が多いでしょう。

泡をモコモコに立てたほうが毛穴の汚れがきれいに取れそうな気がしますが、実は泡の量と洗浄力はあまり関係がありません。
泡を立てればきれいに顔を洗えるというわけではないですし、逆に肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

洗顔フォームをたくさん泡立てると、モコモコとしていて気持ち良いですよね。
しかし、洗顔フォームの泡立ちは、界面活性剤という刺激の強い成分によって起こります。

界面活性剤は洗顔フォームに使われている他、食器洗剤やシャンプーにも使われています。

もちろん、肌に触れても安全な程度の界面活性剤が使われていますが、頻繁に使用しすぎると肌を守る機能が失われてしまう可能性があります。
肌を守る機能が失われると、皮膚が水分を保持できなくなり、乾燥肌を引き起こしてしまうのです。

モコモコに泡立てた洗顔フォームで毛穴の奥まで洗いたい気持ちはわかりますが、乾燥肌や肌トラブルを引き起こさないためには、執拗な洗顔をしないように心掛けましょう。

また、ニキビ肌やオイリー肌の人の場合、特に洗顔をしっかりと行わなければいけないと思っているでしょう。
ニキビを治すために、常に肌を清潔に保つのは大切なことです。

ですが、洗顔のしすぎで肌を守る機能が低下して、肌が乾燥した状態になってしまっては大変です。
乾燥した角質は固く厚くなり、毛穴の入り口を塞いで炎症を起こす原因となってしまいます。

肌を守る機能が低下したことで、肌を守ろうとして皮脂が過剰分泌されてしまい、その皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こすこともあります。
ニキビを治したかったはずが、逆に肌荒れを悪化させてしまうことがあるのです。

洗顔フォームの泡をモコモコに立てて、必要以上に洗顔をしすぎることは避けたいですね。

しかし、泡立てない洗顔と言われても、どのようにしたら良いのかわからないですよね。
女優やモデルでも泡立てない洗顔を実践している人がいるので、やり方を参考にしてみましょう。

手っ取り早く泡立てない洗顔をするためには、泡立たない洗顔フォームを選ぶと良いでしょう。
美容成分も配合されていて、スキンケアをしながら洗顔をできる商品も販売されています。

肌を守りながら汚れを取り除くことができるので、今日から泡立てない洗顔を始めてみましょう。

意外と知らない泡立てない洗顔方法

洗顔フォームを泡立てすぎると、肌に刺激を与えてしまうことがあります。
肌を守る機能が失われてしまい、乾燥肌を引き起こしてしまう可能性も高いです。

丁寧な洗顔を心掛けているのになかなか肌荒れが治らない人は、泡立てない洗顔方法を試してみると良いかもしれません。

泡立てない洗顔でしっかりと毛穴の汚れが落ちるのか、不安に感じる人もいるでしょう。
ですが、泡立てない洗顔を実践している芸能人やモデルは多いです。

その方法は人それぞれ違いますが、泡立てずに使用する洗顔フォームで洗顔をしている人もいれば、洗顔フォーム自体を使わずにお湯のみで洗顔をしている人もいます。
どの洗顔方法が自分に合っているのか、さまざまな方法を試しながら見つけていけると良いですね。

泡立たない洗顔フォームを使用する際には、商品の説明に従って洗顔を行いましょう。
美容液が配合されている洗顔フォームも売られており、肌を守りながら汚れを落とすことができて便利です。

お湯洗顔をする際には、冷たすぎず熱すぎないぬるま湯で洗顔を行いましょう。
冷たすぎる水では汚れが落ちませんし、熱すぎるお湯では肌を守るための油分まで落としてしまうので注意が必要です。

あまり耳にすることがない「泡立てない洗顔」ですが、どのような人に向いているのでしょうか?

まず、洗顔フォームを泡立てずに洗顔をするということは、肌への刺激を極力少なくできるということです。
そのため、敏感肌の人に向いている洗顔方法であると言えるでしょう。

泡立てない洗顔としてお湯のみで洗顔を行う人もいて、さらに肌への刺激を少なくすることもできます。

また、これまでニキビなどの肌荒れに悩まされており、丁寧に洗顔を続けているのに、なかなか肌荒れが治まらないという人はいるでしょう。
そのような人は、モコモコに泡立てた洗顔フォームを使用することで、逆に肌に刺激を与えてしまっていた可能性があります。

泡立てない洗顔を試してみると、これまで悩んでいたのが嘘のように肌荒れが治ってしまうこともあります。
特別な洗顔用品を購入する必要もないので、まずは試しに1週間ほど続けてみると良いでしょう。

洗顔方法を変えると、肌のコンディションもこれまでと違ってきます。
コンディションが整えば良いですが、自分の肌に合わなければ肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。

肌の調子を細かくチェックしながら、自分に合った洗顔方法を見つけていきましょう。

肌がきれいな芸能人が使っているクレンジング剤は?気になる美肌ケア方法

芸能人は歯が命とよく耳にしますが、やはり見た目にも綺麗な肌の方が気になりますよね。

特に男性でも女性でも芸能人の方は肌が綺麗という印象が強いです。

売れっ子女優さんはすごく肌が綺麗な方が多いですよね。

ですがなぜそんなに肌が綺麗なのか、やっぱりエステなどに通っているからなのでしょうか?

実は芸能人の方の肌が綺麗なのは、やはりクレンジングもしっかりと選んで使用しているからなのです。

美肌ケアもどんなことをしているんだろうと気になる方もいるかもしれませんが、クレンジングだけに注意している芸能人の方も少なくはありません。

なぜそこまでクレンジングに注目すべきなのか、それはクレンジングは一番美肌への近道となるからなのです。

クレンジングは化粧を落とすだけではなく、毛穴の汚れや古い角質まで落としてくれる役割があります。

ただ洗浄力が強すぎるクレンジングは芸能人の方でも使っていないでしょう。

やはり肌に優しい成分で危険のないものを積極的に選んでいるはずです。

高い化粧品が美肌に導くのかと思ってしまいますが、そうではなくてクレンジングだけでも美肌は作ることができるのです。

芸能人の肌のようになりたい!そう考えている方こそ、クレンジングを見直して肌に優しいケアを始めるべきなのです。

芸能人ではなくてもクレンジング次第で肌はしっかりと美肌に導かれます。

上手にクレンジングを選んで、しっかりと美肌ケアを始めましょう。

多くの芸能人が使っているらしいクレンジング剤

芸能人の方を見たら肌が綺麗だと羨ましくなりますよね。

エステなどに通っているのか時になると思いますが、芸能人だからこそ肌のことを考えたクレンジングを選んでいるのです。

では一体どんなクレンジングが選ばれているのでしょうか?

やはり一番に考えられているのは肌に負担がないことでしょう。

肌に負担がないということはもちろん成分に添加物や化学成分、そして界面活性剤などが配合されていないクレンジング剤となるのではないでしょうか。

添加物も化学成分も肌にとってはとても大きな負担となってしまいますし、界面活性剤は肌に必要な油分まで取り除いてしまい潤いがなくなってしまいます。

これらの成分が配合されていないということを第一に考えて、クレンジング剤を芸能人の方も選んでいるのです。

またテクスチャーも肌にとっては大きな負担となる場合があり、固くて摩擦が起きてしまうものよりも優しく柔らかいものを選んでいるでしょう。

クレンジング一つでここまで選んでいるのかと疑問に感じる方もいるかもしれませんが、それでも芸能人の方にとってはとても重要なことです。

クレンジングをここまでこだわるだけで、芸能人のような肌になれるのなら自分も変えたほうがいいかな?と感じるのではないでしょうか。

まずは自分の使っているクレンジング剤が優しく安全なものであるかを確認し、変えていけるようにしましょう。

食用のオイルを使っている人もいるらしい

芸能人が選ぶクレンジング剤には、添加物や界面活性剤が配合されておらず、テクスチャーも柔らかいものとこだわりがあります。

ですがなかなかそんなクレンジングって見つからなかったりするのが現実でもあります。

気に入ったものを使い続けたい気持ちはあっても、それが肌に負担となるなら芸能人の方はすぐにやめてしまうでしょう。

それほどクレンジングに関してとても敏感であると言っても良いほど、こだわりも強いのです。

ただそんな都合の良いクレンジング剤はないと思っている芸能人の方もおり、そんな方は食用のオイルを選ぶ方もいます。

特にオリーブオイルなどは食用であっても、クレンジング剤として使用できるほど良いと言われているのです。

エクストラバージンオリーブオイルはそのまま肌に使用しても、特に負担がなくむしろ肌に優しいと言われるほどでもあります。

オイル系にこだわる方なら、食用であっても全く問題がないと考えている方もいるでしょう。

このように、選びたくても全く良いものがないと感じている芸能人の方々は、オリーブオイルなどの食用油を使用する場合もあるのです。

オリーブオイルは肌の皮脂と同じ成分であることから、洗っても肌の皮脂が根こそぎ取られてしまうということもありませんし、しっかりと汚れも浮かせて洗い流してくれます。

興味がある方はオリーブオイルなどを試してみても良いのですが、成分にとことんこだわっているクレンジングもあるので、まずはクレンジングから探してみると良いでしょう。

市販の安いクレンジングは危険?肌にヤバイ成分が含まれている可能性も

化粧をしたら当たり前のように、寝る前にはクレンジングを使って落としますよね。

使っているクレンジングも市販のものを購入する方も多いのではないでしょうか。

ですが、その市販のクレンジングを安く手に入れているのなら、かなり注意する必要があるかもしれません。

安い市販のクレンジングでも成分にこだわっていると謳っているものもありますよね。

ですがそのこだわり、もしかしたら強いクレンジング力を発揮するためだけなのかもしれません。

確かに最近安いクレンジングでもしっかりと化粧を落とすことができるようになっています。

ただし、そのクレンジング力のために配合された成分は、肌にとってかなりきつい成分となる場合があるのです。

化粧を落とすために作られたクレンジングですが、選ぶものによっては肌にやばい成分が含まれている可能性もあるということなのです。

安いクレンジングは手に入れやすく、落とせればそれで良いと思っている方も多いでしょう。

ですがそれだけの理由で選んでしまうと、肌にやばい成分が配合されている可能性があるのでとても危険なのです。

安いクレンジングも便利ですが、配合されている成分のヤバさにも注意して上手にクレンジングを選ぶようにしましょう。

避けたいクレンジング剤

安くて手に入れ安い市販のクレンジング剤、とても便利で選ばれやすいのですができれば避けたほうが良いクレンジング剤もあります。

クレンジング剤の中には成分に界面活性剤が配合されており、さらにその割合が高いものがあります。

この界面活性剤が多く配合されているクレンジング剤は、肌にとってとても大きな負担となってしまう場合があります。

特にオイルクレンジング剤には界面活性剤が配合されており、配合の悪いも高くなっている可能性が高いです。

できれば安いクレンジングでオイル系のものに関しては避けたほうが良いでしょう。

ただオイルタイプのクレンジング剤にも、界面活性剤が配合されていないか割合が少ないものもあります。

値段で決めるのではなく、成分を重視して決めることが重要となるのでまずは界面活性剤が配合されているかどうかを確認してみましょう。

また肌に負担がかかるクレンジング剤としては他にも、シートタイプやジェルタイプなどがあります。

シートタイプは肌を擦り摩擦が起きるため肌への負担も大きくなります。

ジェルタイプのクレンジング剤も、テクスチャーが硬い場合は肌が擦れて負担になるでしょう。

このようにオイル系やシートタイプ、ジェルタイプなどのクレンジング剤は肌への負担がかかりやすいものが多いので、十分に気をつけるようにしましょう。

選びやすいクレンジングではなく、安全なクレンジングを選んで肌を守るように心がけ選びましょう。

肌に優しいクレンジングの選び方

安いクレンジングも選ぶ基準となる方も多いかもしれませんが、できれば肌に優しいクレンジングを選ぶことが将来の肌の健康につながります。

肌に優しいクレンジングと言われてもどうやって選べばいいかわかりませんよね。

ですがポイントさえ押さえておけば、肌に優しいクレンジングを選ぶこともできるのです。

肌に優しいと言われるポイントとしては、成分とテクスチャーにあります。

まず成分ですが、添加物や界面活性剤の配合に注意しましょう。

界面活性剤が入ることで肌に大きな負担がかかりますし、添加物も敏感肌の方にとっては大きな負担となります。

またテクスチャーも硬いものを使用すると肌に強い摩擦が起きてしまうので、肌に大きな負担となってしまうでしょう。

肌に優しいクレンジングを選ぶなら、界面活性剤が配合されていないもの、そしてテクスチャーも柔らかいものを選ぶようにしましょう。

肌に負担がかかるクレンジング剤は、やはり将来の肌にとっても決してよくはありません。

安いだけで選んでしまう方、洗浄力で選んでしまう方も多いのではないでしょうか。

ですが、やはり肌のことを考えるとこれらのことを排除したクレンジングが最適となります。

配合されている成分にも注目しながら、テクスチャーなどに注意してベストなクレンジング剤を選んでくださいね。

毛穴の汚れが気になる人が選ぶべきクレンジング剤はこれ!

毛穴の汚れが一気に取れるクレンジング剤ならクレンジングバームがいいでしょう。

クレンジングバームは、半固形状のクリームのようなものです。

質感は軟膏に近いといえるでしょう。

肌に馴染ませていく過程でとろけてクリーム状になるのが特徴です。

オイル系のメイク落ちとクリーム系の優しさを併せ持っているのです。

そのため、メイク落としから保湿マッサージまでいろいろな効果を期待できるのです。

クレンジングバームを使うと、あまりの使い心地の良さに感動したという声も聞こえてきます。

シート系もオススメ

場所を選ばずにどこでも手軽にメイク落としができるのがクレンジングシートの特徴です。

旅行には必須のアイテムといってもいいでしょう。

メイクの落とし忘れやポイントメイクを落とすのにも効果的です。

手軽だからといってあまりゴシゴシ使いすぎないのがポイントです。

摩擦によって肌への刺激や負担が増すので注意しましょう。

単純に「クレンジング剤」といっても、豊富な種類があります。

洗浄力やテクスチャ、メイクの厚さなど自分の使いたいシーンに合わせてたくさん試してみるのも面白いですよ。

クレンジング剤の種類

クレンジング剤は、バーム系、シート系以外にも様々なクレンジング剤があります。

オイル系

クレンジングオイルの特徴ですが、肌への馴染みやすさと高い洗浄力です。

洗い落とし後もさっぱりしています。

メイク落としを効果的に行いたい人にはクレンジングオイルが一番といっていいでしょう。

一方で、肌への刺激が強い傾向にありので要注意です。

敏感肌や使用後の乾燥肌の人は気をつけましょう。

できるだけ短時間で素早くクレンジングするのがポイントです。

そうすることで、肌の負担を減らすようにしましょう。

リキッド、ローション系

クレンジングリキッドは水分を多く含んでいます。

水クレンジングとも呼ばれていることからもわかるように、オイルとは異なってサラサラとした質感があるのです。

界面活性剤によって洗浄力を高めているので、メイク落ち効果もバツグンなのです。

コットンに含ませて手軽にさっと拭き取ることができます。

クレンジング後の洗顔が不要なタイプもあります。

急ぎの用事や出先などでは、場所を選ばず手軽にメイク落としができるのがうれしいですね。

リキッドとローションの違い

クレンジングリキッドは「液体」です。

水と洗浄剤を主成分としているのです。

一方のローションは「乳液状」と「液体」のものがあります。

両者にあまり境界線はありません。

クレンジングリキッド、クレンジングローションなど、どちらも分類的には近い存在なのです。

ジェル系

クレンジングジェルは、リキッドよりも弾力性や粘性に富むのが特徴です。

成分自体はリキッドやローションに近いといっていいでしょう。

ジェル特有のぷるぷるとした弾力が肌への摩擦を緩和してくれるのです。

まるでマッサージをしているかのような感覚でメイク落としができます。

洗い落とし後もさっぱりとしているのが気持ちいいですよ。

クリーム系

クレンジングクリームは、オイル系やリキッド系と比較して肌への刺激や負担が少なくなっています。

優しい仕上がりになり、保湿力も高く肌質によって人を選びません。

敏感肌や乾燥肌の人にもオススメといっていいでしょう。

手のひらでクリームを温めてゆっくりとメイクに馴染ませます。

そして、時間をかけてクレンジングしていくのです。

おすすめのクレンジング剤

クレンジング剤は、肌の個人差や使い心地に配慮したいろいろなタイプがあるのが特徴です。

一般にオイル系やリキッド系は洗浄力が高くなっています。

クリーム系やミルク系は肌への負担が少ない傾向があるのが特徴です。

普段メイクをする機会が多く、濃い目のメイクをする人は、洗浄力の高いオイル系やリキッド系を選ぶとよいでしょう。

敏感肌で、オイル系やリキッド系では肌への刺激が強すぎるのが気になる人は、バーム系、クリーム系やミルク系などの肌に優しいタイプのクレンジング剤がオススメです。

優秀なクレンジングバームはW洗顔不要!肌の老化の原因はクレンジングだった!

クレンジングの後、なんだかすっきりしないという場合は、肌の汚れが十分に落ちていないように感じた場合、W洗顔をする人も多いのではないでしょうか。

本来、クレンジングはメイクを落とすためのものなので、しっかり落ちないと困りますよね。また、オイルクレンジング剤などは肌にぬるつきが残りやすくなってしまうのも悩みの種です。

ラミナーゼクレンジングバームは、クレンジング剤ですが、しっかり肌の汚れを落としてくれます。

そして、洗い上がりもさっぱりするのでW洗顔の必要がないのです。

W洗顔をすると手間がかかるという以外にも、肌への負担が大きくなるというデメリットがあります。

それが、クレンジング剤だけで済むのは嬉しいものですよね。

クレンジング剤と洗顔料をどちらも購入するのはその分コストもかかります。

ラミナーゼクレンジングバームでしたらクレンジング1つで済むのは大きな魅力ですね。

危険なクレンジング剤

いつの間にか敏感肌、アトピー肌、アレルギー体質…。

これらは、もしかしたら合成界面活性剤が含まれているクレンジング剤かもしれません。

また、洗顔料の使い過ぎが原因かもしれません。

水と油は混ざらないので界面活性剤が必要となります。

また強い汚れを落とすため、強い合成界面活性剤が必要となるのです。

落としすぎることで肌のバリアが壊れてしまって、敏感肌が生まれてしまうのです。

これは、お肌のたんぱく質までも溶けだしてしまうのです。

界面活性剤にもいろいろあるので、天然由来のものを使っているものを選ぶようにしましょう。

シャンプーやリンスなどの表示はチェックしているでしょうか。

天然由来のものは大豆レシチン、カゼイン、サポニンなどがあります。

その他合成界面活性剤にもいろいろあるのですが、特に石油系界面活性剤は要注意なのです。

ケア用品は天然成分のものだけで落ちるものを…

強いクレンジング剤が必要なものを肌につけていること自体が問題なのです。

崩れない化粧品、また強い日焼け止めなどは、天然成分のみでできたクレンジング剤では落ちないのです。

そのため、石油系の合成界面活剤が入ったものを選ばざるを得ないということですね。

夏の終わりにお肌がごわついたりカサカサしてくるのは、紫外線や日焼けが原因ではありません。

落としているものが原因ということも考えられるのです。

ミネラルオイルと聞くと、いかにもお肌によさそうです。

しかし、これは石油由来の鉱物油なのです。

石油をお肌に塗っていると思えばわかると思うのですが、クレンジングすればよく落ちるのは当たり前です。

一番最初にミネラルオイルを書いてあるクレンジング剤は、止めたほうがいいでしょう。

ちなみにベビーオイルはミネラルオイルが主成分となっています。

これが肌にいいわけはありませんね。

少しでも気をつけることで10年後、20年後が変わってくるのです。

お肌のバリアの回復のために意識してクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

W洗顔を止めれば一気に肌が蘇る

ラミナーゼクレンジングバームは、肌の潤いを保ちながらしっかりメイクや汚れを落とすことができます。

しかし、使い方を誤ると十分な働きを得られないこともあるのです。

使い方としては、乾いた手に3cmほどラミナーゼクレンジングバームをとります。

パーム状のテクスチャーなので簡単に出せるので使いやすいですね。

手の上で軽くなじませると、体温でジェル状に柔らかくとろけさせます。

すると伸びが良くなるので、そのまま顔全体に塗っていきましょう。

続いて汚れをなじませて1分後に、フェイシャルマッサージをします。

そのままパックとして使うことで、美容成分がしっかりお肌に届くのです。

最後に、たっぷりの水かぬるま湯で洗い残しがないようにすすぎます。

洗った後はタオルで優しく水気を拭き取りましょう。

注意点としては、美容成分が流れ落ちてしまうことです。

そして、W洗顔はやらないことが鉄則です。

ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使用しているときは、クレンジングだけでは落ちにくい場合があるでしょう。

そのときは、専用のポイントメイクリムーバーを使うといいでしょう。

まつげエクステをつかっている場合は取れやすくなってしまうので、目の周りを避けて塗るようにしたほうがいいですね。

こうしてW洗顔を止めることで一気に肌がよみがえるのです。