毛穴の汚れが気になる人が選ぶべきクレンジング剤はこれ!

毛穴の汚れが一気に取れるクレンジング剤ならクレンジングバームがいいでしょう。

クレンジングバームは、半固形状のクリームのようなものです。

質感は軟膏に近いといえるでしょう。

肌に馴染ませていく過程でとろけてクリーム状になるのが特徴です。

オイル系のメイク落ちとクリーム系の優しさを併せ持っているのです。

そのため、メイク落としから保湿マッサージまでいろいろな効果を期待できるのです。

クレンジングバームを使うと、あまりの使い心地の良さに感動したという声も聞こえてきます。

シート系もオススメ

場所を選ばずにどこでも手軽にメイク落としができるのがクレンジングシートの特徴です。

旅行には必須のアイテムといってもいいでしょう。

メイクの落とし忘れやポイントメイクを落とすのにも効果的です。

手軽だからといってあまりゴシゴシ使いすぎないのがポイントです。

摩擦によって肌への刺激や負担が増すので注意しましょう。

単純に「クレンジング剤」といっても、豊富な種類があります。

洗浄力やテクスチャ、メイクの厚さなど自分の使いたいシーンに合わせてたくさん試してみるのも面白いですよ。

クレンジング剤の種類

クレンジング剤は、バーム系、シート系以外にも様々なクレンジング剤があります。

オイル系

クレンジングオイルの特徴ですが、肌への馴染みやすさと高い洗浄力です。

洗い落とし後もさっぱりしています。

メイク落としを効果的に行いたい人にはクレンジングオイルが一番といっていいでしょう。

一方で、肌への刺激が強い傾向にありので要注意です。

敏感肌や使用後の乾燥肌の人は気をつけましょう。

できるだけ短時間で素早くクレンジングするのがポイントです。

そうすることで、肌の負担を減らすようにしましょう。

リキッド、ローション系

クレンジングリキッドは水分を多く含んでいます。

水クレンジングとも呼ばれていることからもわかるように、オイルとは異なってサラサラとした質感があるのです。

界面活性剤によって洗浄力を高めているので、メイク落ち効果もバツグンなのです。

コットンに含ませて手軽にさっと拭き取ることができます。

クレンジング後の洗顔が不要なタイプもあります。

急ぎの用事や出先などでは、場所を選ばず手軽にメイク落としができるのがうれしいですね。

リキッドとローションの違い

クレンジングリキッドは「液体」です。

水と洗浄剤を主成分としているのです。

一方のローションは「乳液状」と「液体」のものがあります。

両者にあまり境界線はありません。

クレンジングリキッド、クレンジングローションなど、どちらも分類的には近い存在なのです。

ジェル系

クレンジングジェルは、リキッドよりも弾力性や粘性に富むのが特徴です。

成分自体はリキッドやローションに近いといっていいでしょう。

ジェル特有のぷるぷるとした弾力が肌への摩擦を緩和してくれるのです。

まるでマッサージをしているかのような感覚でメイク落としができます。

洗い落とし後もさっぱりとしているのが気持ちいいですよ。

クリーム系

クレンジングクリームは、オイル系やリキッド系と比較して肌への刺激や負担が少なくなっています。

優しい仕上がりになり、保湿力も高く肌質によって人を選びません。

敏感肌や乾燥肌の人にもオススメといっていいでしょう。

手のひらでクリームを温めてゆっくりとメイクに馴染ませます。

そして、時間をかけてクレンジングしていくのです。

おすすめのクレンジング剤

クレンジング剤は、肌の個人差や使い心地に配慮したいろいろなタイプがあるのが特徴です。

一般にオイル系やリキッド系は洗浄力が高くなっています。

クリーム系やミルク系は肌への負担が少ない傾向があるのが特徴です。

普段メイクをする機会が多く、濃い目のメイクをする人は、洗浄力の高いオイル系やリキッド系を選ぶとよいでしょう。

敏感肌で、オイル系やリキッド系では肌への刺激が強すぎるのが気になる人は、バーム系、クリーム系やミルク系などの肌に優しいタイプのクレンジング剤がオススメです。